就労継続支援B型事業所 ジョイント・ほっと

どんなところ?

ジョイント・ほっとが大切にしていること、それは「今、自分がここにいるんだ」と感じあえる場所づくりです。

一人ひとりの悩みやしんどさを共有し、笑顔と自信に変えていけるような仕事を通じて、そこから始まる温かな人と人のつながりを大切にしています。

ジョイント・ほっとという名前は、そんな気持ちからつけられました。

飲食店で働く人とお客様
(※写真はイメージです)

活動

仕事

  • 仕事はユニットに分かれています。自分の目標や体調にあわせて、仕事を選び、働きます。
    どのユニットに入るかは、半年ごとに決めます。
  • 各自の仕事の開始時間までに出勤し、終了すれば帰宅できます。
    自分が安心して仕事ができる時間を見越して出勤してください。

主な仕事の一日の流れ

寺町店
開所から閉所までの作業テーブル

仕事の内容

喫茶ユニット時間帯で①~④シフトに分かれ、それぞれで接客・調理・洗い物などを担当します。
洗濯ユニット喫茶で使う制服・エプロン・タオルなどを洗濯し、アイロンをかけます。
製菓ユニット時間帯で①~③シフトに分かれ、喫茶でお出しするケーキやクッキーを作り、袋詰めをします。
事務ユニット店の売上の計算、各自の労働時間をパソコンに入力するなどデータの管理、チラシや案内作成、Webサイトの更新を担当します。
サブワークユニットクッキーの袋作り、シール貼り、名刺カード作りなどを行います。
渉外ユニット外部への販売や納入の仕事、見学者の案内、ジョイント・ほっとの活動や体験談の講演など、対外的な部門を担当します。
お掃除ユニット近隣のお寺やコインパーキングの清掃、サロンの準備などを請け負います。
チェックイン・チェックアウトユニット個人の体調やペースに合わせて活動できる、比較的ゆるやかな仕事です。機関紙の封入、栗剥きなど内職作業を中心に行います。

その他、個別の才能や特徴に応じて活動する個別シフトがあります。

気分調べと振り返り

仕事前に自分の体調や気分を確認します。仕事後は、ともに働いた仲間と働いた時間を振り返ります。

研修

全員が参加する基本研修(衛生・防災・年度末)、各自が担当する仕事を探るための専門研修や、一般企業に行って挑戦してみたい仕事を体験する就労体験研修があります。

2階の休憩場所

仕事以外の時間は2階の休憩場で過ごせます。世間話をしたり、TVを観たり、それぞれの過ごし方ができます。
ジョイント・ほっとでは仕事をするのと同じくらい、この時間を大切にしています。
生活のしづらさなどの悩みや、日々の楽しみなどが語られるのもこの場です。
喫煙は専用の喫煙室をお使いください。

レクリェーション

新年会、暑気払い、旅行会、忘年会の恒例行事の他、花見など「こんなことをやりたい」という声が上がったものについて、有志で企画するレクリェーションがあります。

わかちあいの時間

日常では流れてしまいそうな何気ない時間をより豊かに過ごす、小グループで集う時間です。パソコンの使い方を学ぶパソコン同好会、合唱グループ「ほっと・ヴォイス」、すてきになれるヒントを皆で考える「すてき熟」、縫製活動のチクチク隊などがあります。