あゆみ

1996年 10月 複数の、病院のPSW、元PSWが中心となり、新しい形の精神障害者共同作業所の開設を検討。
1997年 1月 ジョイント・ほっと運営委員会(7名)が組織され、共同作業所の開設を決定。
4月 ボランティアのスタッフ1名と退院したばかりの利用者1名で、四条大宮で作業所活動を開始。家の掃除、家具什器類の整備、昼食作りなど、共に時を過ごすことから始める。口コミで徐々に人が集まり憩いの場となる。
7月 ボランティア3名参加。
11月 東京JHC板橋会代表の寺谷隆子さんを迎えて、ジョイント・ほっと開所式典を開催。
1998年 1月 週1回オープンの「お茶の間喫茶」開設 (「お茶の間喫茶」とは作業所1階の和室を開放し、地域の方や障害を持つ方が交流する喫茶サロンのこと)。
4月 京都市の補助金交付決定。有給のスタッフ4名、アルバイト1名で運営委員会母体の無認可共同作業所として活動開始。登録利用者は20名、開所は週4回。他作業所製品の委託販売や封筒作成などの内職作業と昼食作り、会食が主な活動。
1999年 2月 中京区松原御前に移転。移転を契機に作業所の活動内容を喫茶にしたのは、「お茶の間サロン」を本格的な喫茶店としていきたいという、利用者の希望が多かったのが一番の理由。
4月 週3回営業の「喫茶ジョイント・ほっと」をオープン。営業時間は11:00から15:00。
2000年 12月 「サンライズ21」という皆の夢を語りあう企画を実施。「次は街中でお店をやりたい!」「日替わりランチをやりたい!」「ボランティアをやってみたい」という声があがる。
2001年 4月 喫茶営業日を週5回とする。オープン当時は1時間交代のシフトのコマに1~2回入るのがやっとだったのが1年を過ぎる頃には仕事のコマ数が足りなくなるほどに。やる気と体力の増加で営業日も増加。
12月 近所の老人デイサービスセンターに月2回ボランティア喫茶を開始。
2002年 4月 生協二条駅店の「ふれあい喫茶」コーナーに週1回出店。週5日の営業と定期的に開催するフリーマーケットやバザーでの出張喫茶ではもの足りなくなり、定期的に外で販売をすることに。
9月 特定非営利活動法人「てりてりかんぱにぃ」として認証をうける。
2003年 5月 下京区寺町通仏光寺下ルに移転する。ホテルなどで接客マナーを教えている方を講師に招き接客練習など開店準備。
6月 「喫茶とランチの店 ジョイント・ほっと」をオープンする。営業日が日・月・火・木・金、営業時間が10:00から17:00。
2004年 2月 「もっとたくさんお客さんに来てもらいたいね」と話し合いポイントカードを作成。常連客も増加し、一日のお客さんも平均10名UP。
5月 店舗に出している手作りケーキ、クッキーの供給が間に合わず、製菓グループがより活躍できるように製菓用の厨房を増築。
2005年 4月 国から小規模通所授産施設「ジョイント・ほっと」として認証をうける。
6月 京都市監査指導課から社会福祉法人「てりてりかんぱにぃ」として認証を受ける。
2007年 6月 施設開設10周年を記念し、記念誌を作成、感謝のつどいを行う。
10月 京都市からの委託を受け、「コミュニティーサロンふぅ」を開所する。
2008年 3月 障害者自立支援法に基づく施設体系、就労継続支援B型事業所へ移行する。
12月 天皇誕生日に際し「優良民間社会福祉事業施設・団体」として御下賜金を賜る。
2009年 7月 京都中小企業家同友会と「ミニ企業説明会」を実施(その後実施主体が京都府に引き継がれ、現在も継続されている)。
2010年 4月 京都市に本社のある大企業の社員向け販売などが増え、さらに菓子を増産する必要があり、製菓用の厨房を増築。
2012年 1月 コミュニケーションスキルを学ぶための教材「会話とマナー読本」を自費出版する。
6月 事業所開設15周年を記念し、感謝のつどいを行う。
7月 嵐山にある「高齢者福祉総合施設 健光園あらしやま」内の4階に支店「健光園あらしやま店」をオープンする。
2014年 4月 指定特定相談支援事業所「陽なた」を開設する。
2015年 9月 事務ユニットを落ち着いた環境でできるよう、別室に整備。
2016年 2月 京都市内6福祉事業所で協働し、京都マルイで催事販売を実施する。
11月 下京区社会福祉大賞を受賞する。
2017年 9月 施設開設20周年を記念し、感謝のつどいを行う。
2019年 11月 「こころの健康づくり大会・京都2019」で「精神保健福祉事業功労者」の表彰を受賞する。